与論島のビーチ

【与論島】皆田海岸は海の青色がくっきり分かれる場所を泳いで確認できるビーチ

サンゴ礁のリーフが広がる与論島の東側、そのなかでもおすすめのビーチが皆田海岸(みなたかいがん)。

海の青色が2色にくっきりと分かれた部分の理由が泳げば分かるんです。少し泳ぐだけで不思議な感覚を楽しめる素敵な場所です。

対岸の皆田灘のおかげでうねりや風の影響が少なく良い場所ですが、北から南に強い流れがあるので泳ぐ際は注意しましょう。

それでは、皆田海岸のご紹介です。

皆田海岸のサマリー

テレワーカー目線で勝手に評価してみます。

項目評価
テレワークのしやすさ★★☆☆☆(2)
海の美しさ★★★★★(5)
トイレとシャワー★★★☆☆(3)

皆田海岸の良いところ

  • ヨロンブルーが素敵すぎて好きになる
  • 海の青色の切れ目の理由を確かめられる
  • シャワーとトイレが清潔
  • テレワークできるボート付き場あり

皆田海岸の残念なところ

  • 東屋が無い
  • トイレのウォッシュレットが機能しなかった

皆田海岸の駐車場、シャワー、トイレ

  • 駐車場 :無し(数台停められるスペース有り)
  • シャワー:有り(奥野外の水道水タイプ)
  • トイレ :有り(男女共用、ウォッシュレット有り)

それでは、ここから写真と動画でご紹介します♪

皆田海岸の魅力とおすすめ

皆田海岸の美しさは穏やかな海の美しさに集約されます。うねりや風が強い日でも他のビーチと比較して穏やかなので、与論島に着いたら先ずは皆田海岸を目指せば間違いないでしょう。

皆田海岸でテレワーク

テレワークは可能です。ボートを下ろすための岩壁が有るので船が居なければ駐車して美しいヨロンブルーを視界の半分に入れながら車中ワークできます。

皆田海岸の海の美しさ

ヨロンブルーの海岸は間違いない美しさです。

白いビーチが長く続く場所ではなく、ボートの下ろし場(船着き場)の横に小さなビーチが2箇所あるだけなのですが、狭いのにとても美しい。

海の青色は、浅いところは薄く深いところは濃くなるのですが、その違いが泳いで感じられます。下の動画で観てください、素晴らしいですよ。

皆田海岸を動画で撮ってみた

皆田海岸の魅力を動画にまとめてみました。

特に20秒からの海中の映像で浅い場所と深い場所の違いを観てください。なるほど~だから青色がくっきり分かれるんだ〜、と納得できます。

皆田海岸の場所

皆田海岸までは与論空港から車で15分。

スクーターでも充分だし、元気な人は歩いてでも大丈夫です(実際に歩いて与論島を一周している方も見かけました)。

皆田海岸の駐車場

駐車場は無いのですが、車を止める場所はトイレの横に2台分くらい、ボートつけ場に数台分あります。

訪問した1月は観光客が写真を取るだけで帰っていくので空いていましたが、観光ハイシーズンには混みそうです。

皆田海岸のシャワーとトイレ

皆田海岸には与論島でよく見かけるユニットタイプのトイレ&シャワーが設置されています。

男女共用でだれでもトイレ付き、ウォッシュレットも付いています(訪問時はボタンを押しても動きませんでしたが、ハイシーズン前には点検されるのでしょう)。

シャワーはユニットの外側にハンドシャワーが付いてます。水道水なので温水は出ません。

更衣室は無いので着替えのためにバスタオル等を持参したほうが良いですね。

さいごに

与論島に1月に訪問したときは、毎日風が強く海のうねりがあり、雲は厚く、なかなか泳ぐには厳しい環境でした。

短い滞在期間の中で、運良く晴れたタイミングで一番安全そうな皆田海岸で泳いだのです。

天気予報では、お昼に干潮が来る日で、気温20度、水温18度、の環境。寒いというほどではないですが、長時間水に浸かると体温が下がりそう、かつ何かあった時に危険なので、泳いだ時間は10分程度でした。

1月は与論島の気温が一番低い季節なのでやっぱり少し寒いです。3月から11月くらいの間のほうが泳ぐには良さそうですね♫

-与論島のビーチ