与論島のビーチ

【与論島】ダイビング体験施設横ビーチは空港から2分!フェリー乗り場には1分

与論島に着いてとにかく時間がないけど泳ぎたいならば、ダイビング施設横ビーチはいかがでしょう?

レンタカーで空港から2分、フェリー乗り場から1分の近さです、もしレンタカーが無くても歩いてでも行ける距離。

今回は、そんなダイビング体験施設(正式名は「魚遊サイト(Yuyusaito)」の横にある透明感のあるビーチのご紹介です。

ダイビング体験施設横ビーチのサマリー

では、勝手に評価からいってみます!

項目評価
テレワークのしやすさ★★☆☆☆(2)
海の美しさ★★★☆☆(3)
トイレとシャワー★★☆☆☆(2)

ダイビング体験施設横ビーチの良いところ

  • 空港から2分!フェリー乗り場なら1分!
  • 人が少なくてプライベートビーチ感覚

ダイビング体験施設横ビーチの残念なところ

  • 波がある満潮時はアクセスが危険
  • 与論島の他のビーチと比べると透明ではない

ダイビング体験施設横ビーチの駐車場、シャワー、トイレ

  • 駐車場 :有り(駐車できる防波堤手前のスペース)
  • シャワー:無し
  • トイレ :有り(登った所)

それでは、ここから写真と動画でご紹介します♪

ダイビング体験施設横ビーチの魅力とおすすめ

ダイビング体験施設横ビーチのおすすめ点は、空港やフェリー乗り場から近いこと。飛行機に乗る前の少しの時間、フェリーに乗る前のタイミングでも泳げます。ただ、シャワーは浴びられないのでペットボトルに水を入れていくなどしてください。

ダイビング体験施設横でテレワーク

ダイビング参加者向けの屋根のある建屋がありますので座ってラップトップスタイルで働けます。

車中テレワークも防波堤の手前にあるスペースに車を停めてできます。美しい碧い海とフェリー乗り場がよく見えます。

ダイビング体験施設横の海の美しさ

ビーチは透明感があり美しい。

上の写真の右の方が濃くなっているのは海中が真っ白ではなく岩がそれなりにあり深い青で、およぐと透明感は低めです。

下の写真はダイビングする際にアクセスする階段(ちょっと流されていますw)。名前の通りダイビングの練習にはぴったりな感じですね。

(※)この写真の防波堤を歩いてビーチにアクセスです。藻でつるつる滑るし、満潮だと波もくるのでくれぐれもご注意を。干潮の時に行くことおすすめします。確認は海天気サイト→与論島の海天気

ダイビング体験施設横を動画で撮ってみた

動画で海の中も撮りました、30秒あたりから注目して観てください。海の中は少し粉が舞っているような濁り感があります。

ダイビング体験施設横ビーチの場所

ダイビング施設横ビーチは空港からレンタカーで2分、フェリー乗り場から1分です。

下の写真の左側のアクセス路を下れば到着です。

こちらのマップを見ると、空港からもフェリー乗り場から至近距離とよく分かります。

ダイビング体験施設横ビーチの駐車場

レンタカーは防波堤にアクセスする手前に停められます。

ダイビングショップや釣り人が車を停めているので一緒に停めるとよいでしょう。

ダイビング体験施設横のシャワーとトイレ

シャワー設備はありません。ダイバーたちはショップに戻ってシャワーを浴びるのでしょう。

トイレはアクセス路を下る手前の道路を渡った場所にあります。残念ながら皆田海岸のユニットトイレのようにハンドシャワーはこのユニットトイレには付いていませんでした。

さいごに

与論島にはフェリーで行きました。そして沖縄の本部(もとぶ)行きの船に乗る2時間前にこの「ダイビング体験施設横ビーチ」で泳ぎました。与論島から離れる前に最後にヨロンブルーで泳ごうと意気込んだんです。

体験としては面白い良いビーチでしたが、泳ぐなら皆田海岸の方が良かったかな、という感想です。与論島は島の端から端まで移動しても車で15分ですからね。

でも、見る分にはとても美しいので、きっとプライベートビーチ感覚で砂浜に座ってぼんやりするのが良いかもデス。

▲こちらの記事もおすすめです→【与論島】皆田海岸は海の青色がくっきり分かれる場所を泳いで確認できるビーチ

-与論島のビーチ
-,