トラベル

エアトリで買った理由は株主優待価格に空席あり。残念ながらキャンセルした結果の返金は?

エアトリで予約した理由はANA公式にない「空席」があったから。

ANAの公式サイトでは無くなっていた「株主優待」料金が
エアトリで探すと1席残っていました。

直ぐにエアトリで予約しました。

エアトリで株主価格の空きが見つかった

明日の移動にANAでチケットを探していました。
基本的には変更のできる株主優待割引で買っています。

この日は空席の残りが少ないようで
正規料金のしか残っていません。

正規料金ではさすがに価格が高すぎるので困ったなあと
ネットで探していた時に思い出したのが「エアトリ」

エアトリで探してみると
何故か株主優待価格の席が残っています。

手数料はかかりますが正規料金に比べると割安です。
エアトリで予約してチケットを購入しました。

エアトリは旅行会社なので割り当てられている席があるのでしょう。
前日まで株主優待の枠を持っているのは販売力が強いから?

エアトリとは?

エアトリとはインターネットで格安航空券を販売するサイト。
各航空会社を一括で比較して見つけることができるます。

株主優待券を別途手配しなくても、
優待価格のチケットを優待券を含めて一括で購入できる。

エアトリは旅行会社なので取扱手数料と事務手数料がかかる。

国内航空券が安い!エアトリ



エアトリの手数用は?

アマゾンPayでANAの株主優待価格チケットを購入すると
事務手数料が約2,305円かかりました。

【注意】エアトリの手数料は航空会社、チケットタイプ、支払い方法によって変動します。このれいはあくまでも一例です。

(例)関空から那覇へのANA株主優待チケット

検索して予約するまでに表示された金額。

航空券代金:19,310円
株主優待使用料:9,500円
小計:28,810円

支払い方法を選ぶと事務手数料がでてきます。
今回はアマゾンペイで支払います。

小計:28,810円
+事務手数料:2,305円

◆お支払金額合計:31,115円

となりました。

決済方法によって事務手数料は変わります。
クレジットカードで払うと事務手数料は数百円安くなります。

エアトリでキャンセルした

大急ぎでチケットを購入した夕方に、結局は出張がキャンセルになりました。
せっかく急ぎでエアトリで株主優待を見つけて購入したのに残念です。

キャンセルは普通にできるはずなのでキャンセルの手順を読んでいくと。

1.前日と当日の場合はお客様自身で航空会社にキャンセルの電話

前日と当日の場合は購入者自身で先ずANAでキャンセルする必要があります。
エアトリに連絡してからだと間に合わない場合があるからでしょう。

ANAのキャンセルをいつも使っているANAのアプリでしようとすると、
チケットがアプリに反映されていません。
たしかに、マイレージ番号を入力した覚えがないので当然です。

チケットの番号でキャンセルしようとすると、
購入時に使用したカード番号を入力してくださいとのこと。
AmazonPayで使用したクレジットカード番号を入力しても通りません。

仕方がないのでANAに電話しました。

電話ではチケット番号でキャンセルできました。
エアトリで払い戻してもらうために「キャンセル番号」を貰います。

クレジットカードが通らなかった理由を聞くと

「旅行会社である「エアトリ」が購入しているので
お客様の個人のクレジットカードではキャンセルできない
払い戻しも「エアトリ」宛で
お客様はエアトリからの返金になります。」

とのことで、理解できました。
要するに旅行会社経由でチケットを買っているということです。

2.キャンセルに実際かかった費用

(注意)航空会社やチケットの種類によって変わります。
これはあくまでもANAの株主優待の一例です。
LLCの場合は1円も戻らないチケットも有ります。

キャンセル料金の内訳は

ANAの払い戻し手数料:440円
事務手数料:2,305円
ーーーーーーーーーーーーーー
キャンセル料金合計:2,745円

支払金額合計:31,115円からキャンセル料金を引かれて
返金額は28,370円でした。
一週間後に銀行口座に振り込まれました。
振込手数料は購入者負担と書いてありましたが、
今回の銀行への振り込みでは引かれていませんでした。

AmazonPayやクレジットカードへの返金はできません。

 

エアトリを使ってみたまとめ

1.株主価格が公式サイトで無い時に検索する価値あり

2.キャンセルは通常の440円+エアトリ手数料約3000円

飛行機に乗る日が近く株主優待で乗りたいときにはエアトリで一度探すと見つかる可能性あり!

国内航空券が安い!エアトリ



-トラベル
-,

© 2020 テレワークを沖縄でしてみた