離島のビーチ

【浜比嘉島】ムルク浜ビーチは車で行ける離島のプチシークレット系ビーチ

海中道路を渡って向かう浜比嘉島(はまひがじま)、小さな島に美しいプチシークレット系の「ムルク浜ビーチ」あり!

たどり着くには車1台だけ通れる細い道を数百メートル走る必要があり、慣れていないレンタカーでは進むか迷いますが、行けば満足できるビーチです。

【浜比嘉島】ムルク浜ビーチのサマリー

それではムルク浜を勝手に評価します!

項目評価
テレワークのしやすさ★★☆☆☆(2)
海の美しさ★★★★☆(4)
トイレとシャワー★★☆☆☆(2)

ムルク浜ビーチの良いところ

  • シークレット系の静かさ
  • ビーチが碧く美しい
  • オフシーズンだと貸し切りビーチ

ムルク浜ビーチの残念なところ

  • 設備の雰囲気がローカル感満載
  • 長時間の滞在には向かないかも
  • たどり着く道が細くてドキドキする

ムルク浜ビーチの駐車場、シャワー、トイレ

  • 駐車場 :有り(有料 500円)
  • シャワー:不明(オフシーズンでやってなかった)
  • トイレ :不明(オンシーズンにはあるのかも)

それでは、ここから写真と動画でご紹介します♪

【浜比嘉島】ムルク浜ビーチの魅力とおすすめ

ムルク浜ビーチ

ムルク浜ビーチでテレワーク

テレワークは炎天下のビーチか車の中でできます。東屋や景色の良い椅子などはありません。

人口密度は低いので落ち着いて新しいアイデアを考えるには向いています。

とくにこの大きな岩のそばがおすすめです。

ムルク浜ビーチの海の美しさ

細い抜け道を下るとムルク浜にでます。

着いた瞬間に「凄い!」と言ってしまうこと間違いない開放感。沖縄本島のビーチには無い離島を感じられます。

レンタカーで行けるのですが、やっぱり離島のビーチはひと味違います。

ちなみにムルク浜は東側と南側の2箇所があり、南側は海の中の海藻が多めで美しさレベルは低い。

下の写真が【南側】のビーチで、海岸に海藻が打ち上げられているのが見えます。

ムルク浜に行ったならば東側がおすすめです。

ムルク浜ビーチを動画で撮ってみた

ムルク浜ビーチでスカッと泳いだ動画です。このシークレット系のプライベート感が伝わりますか?(※シーズンオフです)

【浜比嘉島】ムルク浜ビーチの場所

ムルク浜ビーチには那覇空港から1時間少々で到着できます。

沖縄自動車道を走り、うるま市を経由して海中道路を通り、平安座島を通過して浜比嘉大橋を渡り左折して、島の奥へ。

最後の数百メートルが車が1台通れるだけの未舗装路なので注意して走りましょう。

ムルクビーチの駐車場

駐車場は有料500円で未舗装の土の広場に停められます。

ただ、訪問したときはシーズンオフのためか誰もおらず支払えませんでした。

ムルクビーチのシャワーとトイレ

シャワーとトイレはシーズン中は運営されていると思いますが、訪問したオフシーズン時は営業していませんでした。

公共のしっかりしたトイレやシャワーがないところがシークレット系ですね。

さいごに

今回はプチシークレット系の浜比嘉島のムルクビーチのご紹介でした。

レンタカーで細い1車線の道路を走るのが嫌ではなく、プチシークレット系が好きであれば是非訪問して欲しい場所です。

(追記)ホテルに泊まってムルク浜ビーチ

ムルクビーチから後ろを見ると高台に「浜比嘉島リゾートホテル」が見えます。

ホテルから長い階段がムルクビーチに続いているので、ホテルに宿泊したらムルクビーチまで歩けます。シャワーやトイレが心配な場合はホテルに泊まるのも良いですね。

-離島のビーチ