ノンオペレーションチャージとは?レンタカー借りるときに加入が得?不要?

結論としては、

ノンオペレーションチャージ(NOC)を掛けて

安心して運転を楽しむほうが得です!

これまでずっとレンタカーを借りる時はノンオペレーションチャージ(NOC)掛けていました。
心配を少なくして運転を楽しむために。

しかし、ふと考えました・・・

普段より割高なノンオペレーションチャージ補償料金のレンタカー会社から車を借りるときに頭をよぎりました。
一日の料金が1200円といつもの500円と比較して高かったのです。

「本当にノンオペレーションチャージは必要なのか?」

これまで数え切れないくらいレンタカーを運転しています。100日は軽く超えています。日本全国津々浦々、ヨーロッパ、アメリカでもレンタカーを借りました。そのなかで警察を呼ぶことは一度もなく、当て逃げや車両の不具合も発生していません。

ノンオペレーションチャージ補償分を自分で確保しておいて、もし発生したらそこから払えばいいのではないか?と考えました。確率的には自分で貯めておいたほうがお得だろうと。これからは自分でプールしようと。

そして、初めてノンオペレーションチャージを掛けずにレンタカーを借りました。

はい、ノンオペレーションチャージが発生する事案が起きました。

神様が天から覗いているのかと言うくらいのタイミングです。

8万キロと古い車両でした。出発前にグローブボックスを空けようとするとノブがもげたのです。プラスチックが古いからこわれたのでは?と出発前にレンタカー会社のカウンターに連絡したのですが許してくれませんでした。

規約の中に「グローブボックスを開けないでください」と書いてあり、口頭での説明もしたとのこと。

確かに言われたような記憶はあります。

しかしながら、グローブボックスを無理やりこじ開けようとしたわけでもなく、一般的にはUSBケーブルや車検証が入っているから確認しようと引いただけなのです。

でも壊れたことは事実で、レンタカー会社が使用者の責任と言われるとどうしようもありません。

縁起が悪いので、大きな事故が怖いからノンオペレーションチャージ補償に今から入りたいと申し出ると、既に事案が発生したので駄目とのこと。

なるほど、グローブボックスのノブは休業補償請求の対象となるのです。

というわけで休業補償を支払う前に、そして自分自身で納得するためにノンオペレーションチャージ補償について今一度調べてみました。

ノンオペレーションチャージとは?

簡単に言うとレンタカー会社への休業補償です。

車両の損害は保険適用内であれば損害保険で保証されます。保険適用外のパンクや内部の破損や汚損は利用者負担になります。

しかしながら、車両が修理されてもレンタカー会社は車両を使って日々の商売をしているので、修理期間中に稼働していれば得られた筈の売上を失います。

そのため規約で使用者に休業補償を請求すると記載があるわけです。これがノンオペレーションチャージです。そしてこのノンオペレーションチャージ費用を発生時にゼロにするのがノンオペレーションチャージ補償です。

休業補償は一般的に車両がレンタカー会社へ戻ってきた場合で2-3万円。戻すことができないような大きな事故の場合で5-6万円です。

レンタカー料金が高いクルマは休業期間の損失も大きくなるので割高になります。

休業補償分に保険をかけるのがノンオペレーションチャージです。

ノンオペレーションチャージ補償の金額は?

一日あたり500円から1,500円程度です。

小型乗用車を例にすると、一日あたり500円の保険をかけて最大で5万円くらいの保証を得るという感じです。

*事故時の保険の免責額を補償するCDW(Collison Damage Waiver)に追加して入ることが多く、合計で大手のレンタカー会社だと1000-2000円くらいです。

沖縄では多くのレンタカー会社がCDW免責補償は無料でレンタル料金に組み込まれていることが多いので「ノンオペレーションチャージ補償に入りますか」と大抵は聞かれます。

ノンオペレーションチャージ補償をかけるほうが得?

例えば500円で5万円の保証と考えると100日レンタカーを使うなら掛けないほうが得です。結局5万円払うことになるので意味がありません。

しかし一般的にはレンタカーは1日から数日借りるので安心のために掛けたほうが良いでしょう。

年間に100日以上使うのであれば確率的には入らないで自分でお金をプールして、最悪の場合はそこから出すというリスク管理もありでしょう。

しかしながら、私のようにずっとノンオペレーションチャージに入っていて突然止めることはおすすめしません(笑)。突然発生したときにショックは大きいです。あと99回事故無しで過ごせばトントンですが。

ノンオペレーションチャージは保険会社に保険をかけている?レンタカー会社がプールしている?

ノンオペレーションチャージはレンタカー会社がプールしています。今回、出発前ですが加入できなかったので聞いてみると保険会社ではなく自社で費用管理しているとのことでした。

レンタカー会社内で引当金等で管理しているようです。年間で休業による損害と引当金とを相殺していると想像します。

発生率を想定すると1%と実際の事故率とどうみても相違があるので利益は出ているのでは?と想像しますが、自社運営なのでリスクも負っているとは思います。発生率に対する保険金の割高さから保険業のルールには抵触するので保険扱いにはできないのでしょう。

実際に休業が発生したか確認できる?

軽微な傷の場合はレンタカー会社によっては車両をそのまま次のお客様に貸し出すと想像します。修理はまとめてローシーズンなどに行うということです。

そういうときには使用者としては休業していないのだから休業補償分を支払う義務はない気がします。

しかしながらレンタカー会社としては収入になること,そして規約に書いてあることから請求をしないことはないでしょう。

車内のものを壊した場合など保険修理が発生していない場合はどうなる?

車両保険の修理がない場合でも休業補償は請求されます。喫煙や車内を泥だらけにしてしまった場合も同様です。

レンタカー会社が車両を復帰させるためにレンタカーの貸出を一時的に止めなければならない場合には休業補償費用が発生します。

ノンオペレーションチャージ補償をレンタカー会社側の視点で

ノンオペレーションチャージ補償をレンタカー会社の視点で見ると「ぜひ加入してほしい」アイテムと思います。

まず、発生率に対して割高なので利益が出る。

次に、傷などの事故発生時に貸出者と支払いの交渉する必要がない。

交渉の必要が無いことはレンタカー会社にとって大きなメリットです。
私も事案発生時に直ぐには納得できず何とかならないかと苦情をいいました

あなたもきっと苦情を言うと思います。大きな事故を起こしたならまだしも小さな傷や、もらい傷、そして不可抗力と感じる事象について修理が必要と言われると納得いかないと思います。本当にすぐに修理するのと疑いも持つと思います。なぜなら傷がついたままで貸し出されるレンタカーもたくさん見ているから。

しかしながらレンタカー会社側から見るとあとで修理するにせよ、どこかで修理が必要で休業補償を請求しておく必要があるのです。

そしてお客様へ納得してもらうための説明が必要になります。お客様も想定外の支払いのため簡単には納得してもらえないので強気に話す必要も出てきます。交渉はハイレベルの交渉術を持った人を雇う必要もあます。

なので、レンタカー会社としては積極的に加入を勧めるのでしょう。

おわりに

まさかの初めてのノンオペレーションチャージ保証未加入時にノンオペレーションチャージが発生しました。

神様も運も信じていませんが不思議ではあります。

今後も今回の分を取り返すために50回はノンオペレーションチャージ保証無しでレンタカーを借りるぞ!とも考えましたが・・・やはり自動車にはできる限り落ち着いて運転したいので今後はノンオペレーションチャージ保証に今までどおり無条件で入ることにします(笑)

それにしても、なぜ日本語で「休業補償」じゃ駄目なんでしょうね?ノンオペレーションチャージと分かりにくい言葉にする意味ってなんでしょ?




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です