【西表島】レンタカーを借りるならNOC補償に加入する。

西表島の定期バスは日に4便!

午前に2便と、午後に2便、のみ。
時間を自由に動くにはレンタカーが必須。

西表島でレンタカーを借りるときには、
休業補償(NOC:ノンオペレーションチャージ)の補償に注意。
島のレンタカー会社には休業補償をカバーする補償に入れないものも。

ずばりおすすめは唯一の全国ブランドオリックスレンタカー、
オリックスレンタカーを「たびらい」経由で休業補償を付けるのがトータルコストが低い。
【たびらい】オリックスレンタカー沖縄


西表島のレンタカー

島のローカルレンタカーと大手のオリックス

一番割安な軽自動車で、一日5,000円、二日め以降は4,000円、
多少上下しますがどこでも同じ価格で、
沖縄本当のような激安一日3,000円は有りません。

違いは休業補償とNOC補償です。

<比較図>軽自動車例

<軽クラス>【たびらい】オリックスレンタカーククルレンタカーやまねこレンタカー 
レンタカー1日目5,000円4,900円5,000
レンタカー2日目以降4,000円4,500円4,500
免責補償オプションレンタカー料金に込1,650円/24h1,000/24h
NOC補償オプション600円/日無し無し
NOC
戻った場合
30,000円20,000
NOC
レッカーの場合
100,000円50,000

NOCノンオペレーションチャージとは?

レンタカーに慣れていないと分かりにくい費用ですが、

一言でいうと「修理期間の休業補償」

レンタカー屋さんは車を貸して営業していますから、
修理期間に貸せないと売上が立ちません。
だから休業補償が発生します。

日本語で休業補償と言ってくれると分かりやすいのに、
どうしてNOCと書いてノンオペレーションチャージとすら呼ばないこともあるの?

これは休業補償を請求するということが、
レンタカーを借りる人に良い印象を持たれなかった過去があると想像します。

レンタカーを借りる際に、
「事故を起こすと修理費用だけでなく、車をレンタルに使えない期間の休業補償を請求しますよ、」
と言うのが良い印象ではないので、
おしゃれ?分かりにくい?NOCという言葉を使うのでしょう。

レンタカー会社の方もNOC休業補償では揉めると言ってます。
小さな傷を付けてレンタカーを返却すると修理が発生します。
キズの修理は車両保険と免責補償でカバーされますが、
NOC費用はカバーされません。

NOCの金額は一般的には、
車両をレンタカー会社まで自走できたら2万円、
レッカーなど利用でレンタカー会社まで戻せなければ5万円、
高級な車や地域ではもっと高額になる時もあります。

小さな傷が付いただけでも2万円、
レンタカーの返却時に請求されますから、
多くの人が嫌な気分になることは想像に難くないです。
自分の車なら気にしないし、修理はまとめてやるんでないのと考えるから。

でも、レンタカー屋さんの立場に立つと、
修理の日程を建て、調整してと考えると納得できる金額。

レンタカー会社ではNOCを補償するオプションもあります。
NOC補償は保険会社が販売できないようで、
レンタカー会社が独自に費用をプールして発生時に補填してます。
(複数のレンタカー会社で質問して教えてもらった)

NOC補償は500円~2,000円程度(経験から)
なので、レンタカー会社は発生率が低ければ利益になります。

実際のところは、細かい傷まで加味すると、
事故はそれなりに起きるそうで、
利益はでないとある一つのレンタカー会社では聞きました。

レンタカー会社によっては、
帰着時のトラブルを避けるために、
積極的にNOC補償をおすすめする会社もあります。

私はこのNOC補償には必ず入ってレンタカーを借ります。
運転するときの不安感を少しでも減らし安全に運転するため。

これまでのレンタカーの回数を加味すると、
NOC補償は使っていませんし、
レンタカーの使用回数を考えると損してます。
自分でお金をプールしていたほうが良いかもです。
でも、安心感を得るために払ってます。
*実際に事故が発生した1回はNOCに入っていませんでした(苦笑い)

ノンオペレーションチャージとは?レンタカー借りるときに加入が得?不要?

離島では修理費用とNOC(休業補償)に特に注意!

西表島に来る前に不安に感じたのが離島のNOCノンオペレーションチャージの苦い経験。

渡嘉敷島のレンタカー会社はNOC補償オプションに加入できませんでした。
免責補償オプションもありません。

島ローカルのレンタカー屋さんで、
年季の入った軽自動車をメインに扱っている会社です。
ネットであh無く電話でレンタカーを借りたのですが、
渡嘉敷島について、レンタカー会社での説明で驚いたのが、

「修理費用は沖縄本島修理する実費を請求する」と言うのです。

実質10万以上にはなると。

ほぼ発生はしないけれど、発生したら10万単位。
レンタカーを借りるかどうか迷いましたが、
最終的にはレンタルしました。
運転時に不安を感じながら運転したことは言うまでも有りません。

この経験から、西表島でレンタカーする際は、
免責補償&NOC補償に加入できる会社でレンタルしようと、
事前にネットで予約することに。

西表島のレンタカーをネットで予約

たびらい、楽天トラベル、でレンタカーを検索。

価格は一日5,000円程度とどの会社も変わりません。

しかしNOC補償に加入できるのはオリックスレンタカーだけ。
(西表に着いてから、ホテルに設置されたパンフレットで島のレンタカーでもNOC加入できる会社も見つかりましたが)

NOC補償に絶対に入りたいのでオリックスレンタカーにしました。

各社ともNOCは2-5万円と那覇と変わりませんが、
小浜島の経験から、西表島から石垣島へのフェリー代も追加されると疑ってます。

(西表に着いてからNOCは本当に2-5万円とわかりました。西表には自動車修理工場も有りました)

結果的には「たびらい」で申し込み。

同じ一日5,000円ですが、
たびらいは免責補償が全車に含まれるので、
免責補償の追加費用が無いので実質お得。
NOCはオリックスレンタカーは一日に700円程度でした。

「たびらい」はレンタカーを免責補償、NOC補償を含めて借りるにはおすすめです。
当日にレンタカー会社のカウンターで、追加で免責補償、NOC補償の金額で悩みません。
レンタカー会社によっては免責補償も一日に1000円以上する場合もありますから。

【たびらい】オリックスレンタカー沖縄

西表島でレンタカーするまとめ

安心して西表島でドライブするなら免責補償とNOC補償付きのフルカバーです。

西表島は東の端から西の端まで全行程が50キロで、
速度制限が時速40キロで、
ゆっくり走っても端から端まで2時間で、往復4時間。
レンタカーを借りると景色の良い場所でストップできて、
時間も自由になるのでおすすめ。

車の絶対量が少ないので事故を起こす確率は低いですが、
安心して走るなら免責補償とNOC補償は付けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA