https://telework.okinawa

車中ワーク

車の【予備】スマートキーを車内に隠して安心してビーチでくつろぐ!?

海で遊ぶ時の心配の1つが「車のキーの紛失」です。海で遊んでいる時には、鍵が砂浜に消えてしまったり、水に浸かりキーの電子機能が壊れたりとリスクがいっぱいです。もし、車のキーを無くすと簡単に家に帰れません。海で泳いで疲れた身体には相当にきつい。

なので、スペアキーを車の中に1本置いておくと安心です。

車のキーをなくした最悪の場面でも、JAFや任意保険に付帯するロードサービスで「キー閉じ込め時のカギ開け」サービスでドアを開けてもらえば、車の中に隠しておいたスペアキーでエンジンをかけて自宅まで帰れます。

でも、「スマートキー」を車内においた状態ではドアロックがかかりませんよね?

どうすれば車内にスマートキーを置いたままロックできるのでしょう?

今回は、簡単な方法で「スマートキー」のスペアキーを車内に隠しておく方法をご紹介します。

スマートキーを車内に置くとドアロックできない理由

スマートキーはポケットやバッグに入れたままで車のドアの開閉、そしてエンジンの始動ができる便利なものです。カギをキーシリンダーに入れて回すという作業を無くしてくれた素晴らしい仕組みです。

でも、便利すぎて車を降りる際にキーを持っているかどうかの確認を忘れてしまう可能性があります。(スマートキーをバッグに入れたまま車を降りて、ドアハンドルのボタンでロックしようとして警告音を鳴り響かせたこと1度はありますよね?)

そのため、スマートキー車の仕組みとして、キーが車内にあるかどうかをセンサーで常に監視していて、車内にスマートキーが有ると判断するとドアロックできない機能があります。もし、車内にスマートキーを残したままドアロックできると、その後に他人がドアのボタンを押してもロックが解除されてしまいますから防犯のために大事な機能です。

なので、スマートキーをスペアキーとして車内にそのまま置いておくことはできないのです。

スマートキーを車内に隠してドアロックする方法

でも、海でもしスマートキーを無くしたときのためにスペアキーを車内に置いておきたいですよね。

実は、簡単にできます。

用意するものは「アルミホイル」だけです。

アルミホイルを20cmくらい切り取りスマートキーを置きます。

スマートキーをアルミ箔に億

スマートキーをアルミ箔でしっかりと包みます。

隙間がないように包めばOK、僅かな隙間でも電波が飛び出すので全面を包んでください。

スマートキーをアルミ箔で包む②

以上で完了です。

では、ドアのロックを外から閉めてみてください。反応しませんよね?

アルミホイルは電波を遮る機能があり、包むことでスマートキーが車内に在るかを判定するセンサーに反応しなくなるのです。

これで、スペアのスマートキーを車内に置くことができます。

アルミホイルで包んでいるので外から見える場所においてもスマートキーとは気が付かれませんが、万が一ガラスを割って侵入する泥棒に狙われたときのために見つけにくいグローブボックスやスペアタイヤや空気入れのスペース置くと良いでしょう。

おわりに

今回はスマートキーのスペアを車内に置くにはアルミホイルで包めばOKというご紹介でした。

これまでスマートキーを紛失してスペアキーを使う事態が起きたことはありませんが、備えあれば憂い無しです。準備することで、カギの紛失で車に戻れなくなる心配なく海で過ごせます。

-車中ワーク
-, ,