ビーチ

【伊江島】伊江ビーチはエメラルドブルーの海と白い砂浜。30分渡るだけで透明な海。

クリア、エメラルドブルー!

伊江ビーチに着くと叫んでしまう。
沖縄本島からフェリーで30分の伊江島ですが、
海の美しさは2倍アップ。

離島に行くには船に乗る必要があり
躊躇する方も多いと思います。
私もそうです。
離島に行く時は酷く酔うかもと覚悟して乗船。

伊江島なら大丈夫です。
伊江島の村営フェリーは大型の最新型、

揺れません、

正確にいうとゆっくりと揺れますが
船で苦しんだことのある身からすると
揺れてません。

船にスタビライザー(安定化装置)がついていて、
コンピュータ制御で揺れを少なくしています。

ビーチの話に戻ります。

伊江ビーチの基本情報

伊江ビーチは村営の「伊江村少年旅行村」内にあります。
入場料はひとり100。
キャンプ場でキャンプすると追加でひとり300円(合計ひとり400円)
有料ですが良心的なお値段。

有料であるため施設の整備はとてもしっかりされており
トイレは清潔で、施設内もメンテナンスされています。

 

伊江ビーチの地図
フェリーの着く伊江港から車で10分です。

 

伊江ビーチのみどころ

水の透明度 5/5
砂浜の美しさ 5/5
海藻の量 4/5(波が強い場合)

白い砂浜に透明なビーチ
理想のビーチです。

遠くまでエメラルドグリーンに光っています。

伊江ビーチからは沖縄本島と瀬底島が見えます。
ホントに近い距離ですが、離島感タップリの綺麗なビーチです。

伊江ビーチの海の家

海の家で食事とかき氷、
沖縄そば、伊江牛丼など軽食がいただけます。

バーベキューもできます。

ビーチ用にシャワー設備もあり
温水シャワーが一回200円です。
海の家で200円支払います。

伊江ビーチのキャンプ場

海沿いの林につくられたキャンプ場
日陰になるので快適。
薪を使用できるカマド設備もあり。

伊江ビーチのまとめ

沖縄本島にプラスしてお手軽な離島として伊江島はオススメです。

フェリー船なのでレンタカーに荷物を積んだまま行くことも可能。
朝の9時に本部港から出発して、夕方の4時の便で戻ってくる日帰りも可能。

気楽な離島としておすすめです。

 

 

 

-ビーチ
-,

© 2020 テレワークを沖縄でしてみた