ビーチ

海で泳ぐときのスマートキーの持ち方は?リアルキーを抜く!

海で泳ぐときに車のキーの持ち方困りませんか?

ビーチに荷物と共に置いて泳ぐのが一般的ですが、もし泥棒に狙われていたら車のキーを取られると、車や車内の荷物を盗まれます。1人の場合は特に心配でゆっくり泳げませんし、複数での訪問時でもビーチに置いた荷物と誰かが常に居るのも大変ですよね。

スマートキーを盗まれた場合はドアの開閉ボタンを押すと車のハザードランプが反応するので、駐車場内でもどの車かを見つけられてしまいますのでとても危険です。

今回は、海で泳ぐ時に安心して車の鍵(スマートキー)を持つ方法をご紹介します。

海に車で行く時の準備

スマートキーの車でビーチに行き安心して泳ぐために必用な準備は以下です。

  • ジッパー付きの水着
  • (又は防水バッグなど海遊び時に使えるバッグ)

をビーチに向かう前に準備しましょう。

ちなみに、ビーチにコインロッカーがある場合や、ホテルに宿泊する際にはこの準備は不要です。

あくまで、設備が整っていないビーチに車で行き泳ぐときの準備です。

車の鍵を持って泳ぐ手順

それでは、ここからが手順です。

車で美しいビーチに到着して、車を駐車場に停めました。さあ、ビーチへ!とその前に、

まず、スマートキーからリアルキーを抜き取ります。スマートキーは電子機能が故障しても車のドアロックを開けられるようにリアルキー(昔ながらのキーシリンダーに差し込み回すキー)が入っています。

リアルキーの良いところは電子機能がなく電池が無くイモビライザーの発信機能も無いので「水に浸けても大丈夫」なのです。

抜き取ったリアルキーだけをジッパー付きの水着のポケットに入れ準備は完了。

スマートキーの本体部分は車の中に隠して、ドアロックをリアルキーですればOKです。ドアについているボタンでのロックはキーが車内に有る状態ではできませんのでキーシリンダーにリアルキーを入れてロックしてください。(参考)→車の「スペア」スマートキーを車内に隠してドアロックする方法は?

【注意】リアルキーでのドアロック時に窓を閉め切ってください。窓を開けた状態で内側からドアロックを解除して車内に入られるとエンジンをかけることが可能なので車を盗まれます。

さあ、ビーチに向かいましょう!

ジッパー付きの水着にリアルキーを入れておけば、海水に浸かっても問題無しです。

これで、車の鍵の心配なく海で遊べます!

もしリアルキーを海に落としたら?

水着のポケットに穴が開いてしまったり、何かの拍子にリアルキーを無くしてしまう可能性は考えられます。

でも、焦る必要はありません!

JAFや任意保険会社のレッカーサービスを呼んでドア閉じ込めサービスで「ドアのロック解除」をしてもらえば良いのです。

上にも書いた通り、車内にスマートキーの本体があるのでエンジンをかけて車を運転することができるのです。

おわりに

ビーチで泳ぐときに悩ましい、車の鍵(スマートキー)を海で安心して持つ方法のおすすめでした。

夏のビーチは盗難も多いので細心の注意で楽しんでくださいね!

人気の記事

  • 本日
  • 週間
  • 月間

サイト内を検索

-ビーチ

© 2021 テレワークを沖縄でしてみた Powered by AFFINGER5