https://telework.okinawa

沖縄本島のビーチ

水中ゴーグルのくもり止めに中性洗剤のスプレーを作る

いつでも海で泳げるように水中ゴーグル(メガネ)を持ち歩いてます。でも、何度か使うとゴーグルは簡単にくもって困ります。

そのために役立つのが台所にある中性洗剤ですが、持ち歩くには大きすぎます。なので、女性用の化粧液を入れるボトルに入れてます。

今回は、水中ゴーグルと一緒に持ち歩くべき中性洗剤のミニボトル作りをご紹介します。

化粧液のミニボトルを準備

化粧液を入れるボトルは、百均でも無地良品でも購入できます。女性の化粧品用コーナーに行くと、小分けするためのボトルが大小様々な種類がみつかります。

購入の際に大事な点はスプレータイプを購入することです。

キャップタイプのボトルでももちろん大丈夫ですが、レンズ面に簡単に中性洗剤を塗るにはスプレータイプが最適です。

ボトルのサイズは小さな持ち歩き可能なものが良いですね。私が使っている写真のサイズならば水中ゴーグルと一緒に持ち歩いても邪魔になりません。

くもり止めのために使う量は少量なので旅行で数回使うには化粧液ボトルサイズで間に合います。

中性洗剤スプレーの使い方

化粧液用のボトルに中性洗剤を入れましょう。ドバドバと入れずにゆっくりと流し込むところがポイントです。これだけで準備は完了です。

(私は男性なので化粧品は持ち歩かないので問題はありませんが、女性の場合は化粧液と間違えないようにしないと間違えて中性洗剤を肌につけてしまうかも。対策はステッカーを貼り見分けるが良く、油性のマジックで書くと洗剤で簡単に字が消えます。)

スプレーする方法は、中性洗剤を2数回スプレーして指で塗り込むだけです。水で軽く流すか、海水で軽く流せばOKです。

気をつける点は、すすぎが不十分だと目に中性洗剤の残りが入りチカチカするので、よくすすいで下さい。

おわりに

ゴーグルをせっかく持っていったのに、くもりが酷くて海中がよく見えない。そんな悩みからこの方法を思いつきました。ホテルのハンドソープやボディソープでも試したのですが、くもり止めの効果は低かったのです。

でも、どうしても中性洗剤がない場合は、よく知られている歯磨き粉を使う手もあります。何もなしで海で気がついた時には、唾でレンズ面を擦ることもくもり止めの効果はあります。

ただ、中性洗剤で洗うことが簡単で効果が高いので、中性洗剤のミニボトルを作って持ち歩くことはオススメです。

★水中ゴーグルについてはこちらの記事もオススメです→沖縄の『青の洞窟』は個人で泳いで行ける!シュノーケル無し、ゴーグル&ブーツ&グローブ【真栄田岬】