沖縄本島(南部)のビーチ

神聖な【久高島】でメーギ浜は唯一泳げる透明感の高いビーチ

沖縄本島から高速船で15分の久高島(くだかじま)はベーケーション気分で行く場所ではなく、沖縄の神聖な土地を訪問する島です。

ただ、そんな久高島でも一箇所だけ泳げるメーギ浜があり、ビーチノマドとしては外せないので、しっかり泳いできました。

沖縄本島の南側は北部地域に比べるとビーチの透明度が低いのです。

なので、短期間の沖縄訪問なら、南部の観光スポットを周り、加えて久高島に渡りパワースポットを感じ、そして透明度の高いメーギ浜で泳ぐはありです。

メーギ浜のサマリー

メーギ浜をノマドワーカー視点でチェックです。

項目評価
ノマドワークのしやすさ★★☆☆☆(2)
海の美しさ★★★★★(5)
トイレとシャワー★☆☆☆☆(1)

メーギ浜の良いところ

  • 沖縄本島から高速船で15分なのに透明度が高いビーチ
  • 白い砂の海中に差し込む太陽の光がキラめく

メーギ浜の残念なところ

  • 泳げる範囲が二つの防波堤で囲われた範囲で狭い
  • トイレとシャワーは事前連絡しないと使えない

メーギ浜の駐車場、シャワー、トイレ

  • 駐車場 :自転車と電動キックボードを停めるスペース有り
  • シャワー:事前申し込みが必要
  • トイレ :事前申し込みが必要

それでは、ここから写真と動画でご紹介します♪

メーギ浜の魅力とおすすめ

メーギ浜の魅力はビーチの透明感、そして神聖なパワースポットで泳いで力を得られる?こと。

メーギ浜でノマドワーク

メーギ浜でノマドワークする場合は炎天下なのでよほど急ぎでなければ、島の中にいくつかある東屋に移動した方が快適にワークできます。

メーギ浜の海の美しさ

沖縄本島からわずか15分で行ける近さですけれど、メーギ浜の透明感は最高です。

右のテトラポット付近は白い砂ビーチで太陽のキラキラ感を半端なく楽しめます。

久高島には東側にピザ浜、イシキ浜、シマーシ浜、ウパーマ浜、とビーチが並んでいてますが神聖な場所なので「遊泳禁止」です。

こちらの写真はピザ浜で、岩のゴツゴツさと波の荒さがあり東側の海岸は泳ぐ感じではありません。

メーギ浜を動画で撮ってみた

砂浜の雰囲気を動画で撮ってきたのでご覧ください。

白い砂浜に太陽がキラキラしている感がわかります。

メーギ浜の場所

メーギ浜までは那覇空港からレンタカーと高速船で約 1.5時間です。

那覇空港からは安座間港を目指して走ります。

安座間港にレンタカーを停めて、現金で高速船かフェリーの乗船券を購入して、船で久高島へ移動です。

こちらが久高島のフェリー乗り場、海のエメラルドグリーンなところが離島ですね。

メーギ浜はこの港の隣です。

メーギ浜の駐車場

久高島に行く際はレンタカーは安座間港に駐車して置いて行くので、島では自転車かキックボードを借りて移動になります。

メーギ浜に自転車とキックボードを停めるスペースは十分にあるので困りません。

ただ、ビーチまでは港から歩けるので島を回った後に自転車を返してから行く方が簡単です。

メーギ浜のシャワーとトイレ

メーギ浜には綺麗なトイレとシャワーがあるのですが、4月に訪問した時は鍵がかけらてました。看板には事前に連絡してくださいとのことで、当日行っても使えません。

沖縄のメインのシーズン(ゴールデンウィークから9月末)なら開いているのかもしれません。

バックアップとして、トイレは600m離れた村の中心の公園にありますし、港近くの食堂やパーラーで借りる手もあります。

こちらに村の中心のトイレまでの地図を貼っておきます。

さいごに

久高島はビーチで泳ぎに行く島ではなく、神聖なパワースポットを訪問する場所です。

ただ、沖縄本島の北部に行かないスケジュールなら、久高島のメーギ浜で透明で美しい沖縄の海を体験するのもありですね。

-沖縄本島(南部)のビーチ
-, ,