沖縄本島のビーチ

【沖縄本島北部】アダンビーチは水が綺麗、ビーチなのに近場でサンゴを楽しめ、キャンプも!【穴場】

シーサイドキャンプもできるアダンビーチ!

沖縄本島北部の穴場ビーチです!

穴場ビーチ好きなら外せません!
那覇空港からは遠いですが北端の辺戸岬まで
レンタカーで向かうなら寄ってみると良いです。

アダンビーチのインフォメーション

名称:アダンビーチ
住所:〒905-1502 沖縄県国頭郡国頭村楚洲48

シャワー:有り(水道水)
トイレ:有り(年季有り)
駐車場:人数x200円
キャンプ:車1台 500円、加えて人数x500円

公式ページ:アダンビーチ

マップ:那覇空港から約2時間半
山原(やんばる)の先の先です。名護を超えると車の数がガクンと減って走りやすくなります。

アダンビーチのおすすめポイント

人が少なくて静かなところがおすすめです。

特に沖縄本島北部の東側は何分走っても対向車に出会わないくらいに人が少なく、観光客も地元の人も少ないのです。

ジャングル地域なので用がなければ訪れる人もほとんどいません。アダンビーチは人がが少ない場所にあるので本当に静かで、道路沿いですが車が殆ど通らないのでトラックの騒音もありません。

アダンビーチでキャンプ

バーベキューも許可されているキャンプ場です。
キャンプサイトは芝生なので直火はできません。

ふゆにぽつんと海辺にテントを張っている方もいました。

管理棟の二階には展望台もあり、昔はビーチを眺めながらBBQができたようですが今は建屋が古くなり展望だけです。

アダンビーチの展望台からの風景を写真でどうぞ。

アダンビーチでキャンプする時の買い出し

アダンビーチの近くにはコンビニやスーパーマーケットは有りません。

車で7分走ったまち「奥」の奥共同店で買い出ししましょう。
冷凍の肉やイカ、ビールや泡盛を購入できます。
塩や胡椒、パン屋日用品も揃っています。
野菜はジャガイモと玉ねぎが買えますが緑のものは有りませんでした。
氷も買えます。

道路沿いからはガソリンスタンドにしか見えせんので見落とさないように注意が必要です。

南に走ると楚洲(そす)に共同店が有りますが、こちらは完全に地元の人向けの限られた商品だけなのでキャンプのための買い出しには向いていません。

アダンビーチで泳ぐ

アダンビーチでシュノーケリングする場合はライフジャケットを着用しましょう!

沖縄のビーチではほぼ全てのビーチでシュノーケリングにはライフジャケットが必要なのは、遠浅のビーチで沖に流されると戻って来れず危険なためです。シュノーケリングは海中だけをみてるためビーチから遠くまで行っても気がつかないのです。

裏技的には、シュノーケルを外して水中メガネだけで泳ぐことです。息継ぎをしなければならないので海面に顔を出すことになり泳いでいる位置を確認できます。沖縄のビーチでもシュノーケルを外せば水中メガネだけで泳ぐ時にはライフジャケット無しでもOKです。

アダンビーチはサーフィンのスポットでもあり、沖の波が崩れている場所でサーフィンができます。レンタルは有りませんのでサーフィンやボディーボードを楽しみたいと計画しているならば、事前に名護より手前で借りましょう。

アダンビーチのシャワー&トイレ

シャワーはふたつで、バラック的なシャワー設備です。

トイレも古めですが清潔に保たれています。

アダンビーチの駐車場

駐車場は有料です。

駐車してから、管理人さんの詰所に行って支払いましょう。

ビーチ利用の場合は一人200円、キャンプ利用の場合は車が一台500円、加えて人数x500円です。

 

アダンビーチには宿泊設備もあり

コンテナバンガローが有り。テントを無しでも宿泊することできます。

アダンビーチを訪問する際の注意!

泳ぐときはしっかりと海の確認

監視員やクラゲネットの完備した公共の海ではありません。
海に入る前によく安全を確認しましょう。

アダンビーチへの運転

やんばるのジャングルの中を走る道路を経由して行くのがアダンビーチです。
ヤンバルクイナや亀を轢かないようにゆっくり走行してください。

亀が道路に飛び出すことも有ります!

おわりに『アダンビーチ』

沖縄本島北部の東側は訪れる人も少なく穴場スポットです。

マニアックな沖縄を楽しみたいなら是非、アダンビーチを目指してください。行くまでの道のりも車とほとんどすれ違わないので楽しめますよ。

-沖縄本島のビーチ
-, , ,

© 2020 テレワークを沖縄でしてみた